サイトトップ > 

血管年齢,アンチエイジング

血管年齢を若返らせる事は健康と幸せを導く!

血管を丈夫にする事は、血液をキレイに浄化させる事が出来ます。血液が綺麗にクリーンになると、余分な老廃物や脂肪を体内に溜めづらくさせる事が出来るので、老化や病気を防ぐ事が出来ます。血管を丈夫にする事は、想像以上にとても大事な事なのです。しかし、血管を丈夫にさせると言われても、イマイチピンとこない方も多いと思います。改善に時間がかかるのでは...と、取り組む前から尻込みしてしまうかもしれません。血管を健康にする事は、イキイキと元気に楽しく生きる事が出来る大事な財産です。それを作る事が出来るのに実行しないなんて、そんな無駄な事ありませんよね。

血管年齢を若返らせる方法 ① 青魚で血管を丈夫に!

青魚は体に良いと言われていますが、その理由はDHAとEPAが豊富に含まれている事です。この2つの成分のうち、血管年齢を劇的に変化させてくれるのが、EPAです。EPAは、血液をサラサラにしてくれる油分です。お肉などに含まれている油分とは違い、体内で固まらないのが大きな特徴。血管の中にくっついてしまった頑固な老廃物や毒素を絡め取り、綺麗スッキリ流してくれます。コレステロールも下がるので、心臓等に必要な栄養素をしっかり届けてくれるようになります。青魚は、想像以上に必須食べ物です。30歳を過ぎたら、毎日の献立に取り入れてほしい食べ物です。余計な油をくっつけて摂取すると良くないので、お刺身や塩焼き、蒸す事がオススメです。酸化すると成分が弱まるので、出来れば新鮮な青魚を摂取するようにしましょう。青魚が苦手な方は、ジャコでも摂取出来ますよ。ジャコはカルシウムも豊富なので、年齢を増した方には特にオススメです。お魚が苦手という人には、サプリメントがオススメ。DHAとEPAが含まれているサプリメントが、特にオススメですよ。サプリメントはお魚の味はしないので、お魚苦手でも安心です。鉄分サプリメントなども人気がありますね。

血管年齢を若返らせる方法 ② 油の摂取に気を付けよう

血管を詰まらせてしまう事に促してしまう油があるので、注意しましょう。それは、体内で塊やすい油分です。お肉や乳製品の脂は、私達の体の体温よりも高くないと融点じゃないので、体内で固まってしまい、それが血管の詰まりを引き起こしてしまいます。植物油全般が質が良いのかというと、それもあながち良いとは言えません。リノール酸系の植物油は、血管を詰まらせたり過酸化脂質というガンの元になる成分を作ってしまう恐れがあるので、好ましくありません。コーン油やベニバナ油、マーガリン等は、危険ですので避けましょう。オススメの質の良い油分は、エゴマ油、亜麻仁油。この2つには、α-リノレン酸が豊富に含まれており、体内でDHAやEPAに変化してくれます。青魚と同じ働きをしてくれる油分なので、オススメです。

血管年齢を若返らせる方法 ③ 乳製品はなるべく避けよう

女性は、乳製品が好きですよね。生クリームやチーズ、バター等、女性が好きな物満載です。パスタ等、これらの味は女性に大人気です。口当たりもいいですし、ついつい選んでしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、これらの食べ藻煮には、飽和脂肪酸が大変多く含まれています。飽和脂肪酸は体内で固まりやすいので、血管を詰まらせてしまう原因となってしまいます。ヨーグルトや牛乳は体に良いと言われているので、摂取している方も多いと思いますが、食べ過ぎには注意しましょう。血管の事を考えるのであれば、乳製品の摂取は徐々に減らすようにしましょう。

血管年齢を若返らせる方法 ④ 玉ねぎで血液サラサラ

玉ねぎが血液サラサラにしてくれるのは、有名な話ですよね。しかし、どのように摂取すると1番効率が良いのでしょうか。玉ねぎは、熱を加えてしまうと有効成分がグッと減ってしまいます。生で食べるのが、1番望ましいです。生で食べる時、辛みを抜きたく水にさらす事が大半ですが、これはNGだそうです。せっかくの栄養がドンドン流れてしまうので、効果が半減してしまうそうです。玉ねぎの有効成分をふんだんに発揮させる為には、切ってから30分くらい放置する事です。30分ほど放置すると、有効成分が熱にも強くなってくれるので、熱を加えても栄養素を摂取する事が出来るようになりますので、オススメです。生で食べる時は水にさらさず、加熱する時は切ってから放置してから調理に使いましょう。

血管年齢を若返らせる方法 ⑤ 納豆で血栓予防

納豆に含まれているナットウキナーゼというタンパク質成分には、血栓を誘拐させてくれる効果があります。とある科学者が、人工血栓の上に納豆を置いて見た所、血栓が溶けていったそうです。これが、納豆にある血栓防止の理由づけとされ、多くの研究がされていったそうです。血液粘度も下げて、血流を良くさせる作用もあります。食べるタイミングは、夜が理想的だそうです。また、加熱してしまうとナットウキナーゼは破壊されてしまうので、お味噌汁等に入れて飲む事は、血栓効果には望ましくないと言えます。そのままの生の状態で、食べるようにしましょう。